そろそろ入学準備

そろそろ入学準備の時期ですね。
新たに大学に入る方も、学び直しの方も、ぬかっていると落ちますので、
ちゃんと本を読んで、勉強して、頑張ってください。

カテゴリー: その他 | コメントする

成人式 おめでとうございます

こんにちは。
少し遅れましたが、新成人となられた皆様、おめでとうございます。
僕が成人を迎えたのは…なん年前だったかな?
同級生と出会って、「今なにやってるの?」「どこの学校?」というような話になった方が多いと思います。これを見ているみんなは、なかなか「慶應通信やってます」って言いにくいかなって思います。
で、それに対して僕は、「慶應通信」と言わないのが一番いいのかな、って思っています。働いていたり、定年退職後に慶應通信をされている方は別ですが、きっと「慶應通信」って言った後の気分は良くないと思うんです。
みんなに黙っていて、卒業が見えてきた時点で言いましょう。そのほうが、ずっといいです。
自分から進んで「慶應通信です」とか、剰っさえ学生証を見せる子は、きっと少数派に違いない。そう私は思っています。
むしろ、下りることのできない戦いを、慶應通信のみんなは戦っていると思います。そんな君たちを、僕は応援します。

カテゴリー: その他 | コメントする

あけましておめでとうございます

本年も、よろしくお願いいたします。

カテゴリー: その他 | コメントする

経済学(総合科目)に関するリンク

 このブログ、斎藤(r.saito)によると、殆ど見ている人がいないそうです。「マジか…」というのが、正直なところです。
 なので、今回は読者の気を惹くため、経済学(総合科目)について書こうと思います。普通課程の学生にとっては、経済学は英語の次に片付けておきたい易しい科目です。
 今回は、斎藤のブログから、経済学について書かれた項目をリンクとして引っ張ってきたいと思います。課題は昔と少し違っていますが、殆ど同じです。

経済学(1)
経済学(2)
経済学部におすすめのサイト
過去問(経済学)
マンキュー経済学&ギデンズ社会学

カテゴリー: その他 | コメントする

学歴コンプレックスを抱えている人の注意点

 としひこです。
 共同制作者の斎藤(r.saito)は、慶應通信に入学する前まで、とても大きな学歴コンプレックスに悩んでいたと言っていました。センター試験に失敗してしまったとのことで、お父さん(高校の先生)が決めた大学に進んでしまって、そのことを長く引きずってしまっていたそうです。
 彼はそこでの大学生活が思いのほか楽しかったそうですが、心の片隅で「何とかして旧帝大か早慶上智に行きたい」とも思っていて、その折、ひょんなことから慶應通信の存在を知って入学したそうです。
 一方で、僕には特に大学での学歴にコンプレックスはなく、刑法に興味があったので、ただ単に「頑張ってみようかな」というノリで始めました。
 僕はすでに薬剤師の資格を持っていたので、ゆとりを持って勉強をすることができましたが、当時の斎藤は就職をしておらず、早く卒業できるように焦っていたそうです。
 さて、慶應の通信課程で学んでいる若い子には、斎藤のようなコンプレックスを抱えている子がたくさんいます。そんな子は「追い詰められている感」があるので、僕にとっては手に取るようにわかりやすいです。
 そうした子は、斎藤のように卒業できればいいですが、下手をすると引きこもってしまうので注意が必要です。
 そうならないために、学歴コンプレックスの子は、以下の点を心に留めておいてください。
(1)高校で頑張ったことは、大学に入ってほとんど役に立たない。
 高校でいくら頑張っても、大学にその知識を持ち越すことはできません。高校で勉強を頑張ったということの利点は、通信制に対して甘い態度で挑むことがないくらいです。
(2)レポートや科目試験はほとんど全てが論述問題
 (1)の補足なんですが、入試に小論文があった子以外は、高校まで試験で文章を書かされるということは殆どなかったと思います。でも、通信制はレポート・科目試験共にほとんど全てが論述問題です。だから、知識だけあっても、それをきちんと言葉にできなければダメです。なので、日本語がかけるようにしておきましょう。
(3)大学の勉強は面白くないと思っておいたほうがいい
 面白い科目もあることはあります。僕は刑法や法哲学に興味があるんですが、勉強は基本つらいものです。今、青学を目指している吉本の芸能人が「勉強が楽しめない」とか言ってますが、基本楽しめるものではありません。
 通信制の大学でやりたいことができるようになるのは、卒論に入ってからと思ったほうがいいです。で、卒論に入って興味のあることを勉強しても気持ちが辛くなってきます。コンプレックスを克服するのは、やはり苦行です。
 そんなわけで、若いみなさんは頑張ってください。
 

カテゴリー: その他 | コメントする

苦しいことはたくさんあるけど…

 こんにちは。
 このブログのプログラミングをしている、共同制作者の斎藤(r.saito)がこの前、「通信制の学生は何かと苦労している子が多い」というようなことを言っていました。
 僕も彼と同じように思っていて、普通に通学して大学に通っている子と比べて、家庭面で、もしくは金銭面で苦労している何人かの子と接しました。
 通信生はかなり勉強が大変なのに、両親が離婚・再婚したりして勉強以外のところで腐心しなきゃならなかったり、「これから大学に入ろう」というときに入学金が用意できなかったり、大学受験に落ちちゃって精神を病んでいたり、他にもいろいろな理由で…。
 実は、僕は高校を中退しています。理由は今は言えません。僕だけではなく、誰でもですが、生きていれば、何かしらの苦労は必ずあると思っています。
 10代・20代の若い子は、僕と同じように高校を中退してしまったり、他に通信制の高校から通信制の大学に進んだ子が少なからずいるように思います。
 高校中退という挫折をしたからこそ分かることなんですが、「バカにされたくない」、「みんなを見返してやりたい」って気持ちが大きいんだと思います。特に、進学校の雰囲気は閉塞していますから。
 だから通信制の大学で頑張ろうとしてるんだよね。
 僕もそうです、負けたくないっていう意地は人一倍あります。生きていれば悔しいことはこれからたくさん生まれてきます。時にはくじけそうになるけれども、頑張りましょう。そしたら、きっといいこともあるはずです。
 通学課程に行きたいならば、大学院からでいいじゃないですか。通信が卒業できれば、大抵の大学院はクリアできるはずです。通信を卒業して、慶應など大学院に進んだ方はたくさんいます。
 MARCHがなぜかFランク扱いされる2ちゃんねるですら、慶應通信は難関扱いですから、卒業した時は、きっと誇りになることでしょう。
 だから、みんな頑張ろう!僕は、みんなを応援しています。

カテゴリー: 雑記 | コメントする

年の瀬ですが、もうあと一息

 こんにちは。
 そろそろ年末のムードですね。僕はこのしんみりとした時期が一年の中で一番大好きです。
 今年「単位が取れた!」と大喜びの方も、「今年はイマイチだったな…」という方も、冬休みのこの時期、もうあと一踏ん張りです。年末までに一つレポートが書き上げられるよう頑張りましょう。
 年末まで、まだ一週間あります。この7日間の中でどれだけ頑張れるかで、今年の満足度が大きく違ってくるんじゃないかな、って僕は思うんです。
 僕も京都橘大学での勉強を頑張っています。みんなも頑張ろう!

カテゴリー: 雑記 | コメントする

ウェブサイトを作ることに夢中になりすぎて

ウェブサイトを作ることに夢中になりすぎて…
逆にネタが思いつかない。(r.saito)

カテゴリー: その他 | コメントする

こんにちは、としひこです

こんにちは、としひこです。
新ブログ計画からいつのまにか5ヶ月経ち、ようやくアップすることができました。
私のことを知っている方も、そうでない方も、みなさんよろしくお願いします。

カテゴリー: その他 | コメントする