勉強時間の確保(3)

 こんにちは、としひこです。
 勉強時間を確保するために心がけたいこととして、今回言いたいことは、「無駄な活動」や「無駄な人間関係」に時間を奪われないようにしよう、ということです。
 前々回、「アルバイトやクラブ活動に時間を奪われないように」というようなことを書かせていただきましたが、近年学生は貧困化しており、どうしてもアルバイトをしないといけない状態になってしまうことはあると思います。
 また、勉強ばかりの生活ではハリがなくなってしまうので、何かしら課外活動を行うことで、勉強に弾みがついたり、論文のヒントになるかもしれません。
 ですので、勉強以外のことに時間を費やす時は、なるべく自分のためになることを吟味して行うべきだと思います。
 例えばアルバイトでは、漫然とするのではなく、自分の関心のあることをしたり、課外活動でも、自分の未来につながることをするのがいいと思います。
 時間はあるようで限られています。今は「自分は4年で卒業するんだ」と意気揚々でも、現実はそうはいきません。高校の時、しっかり勉強した子なら早期の卒業は可能かもしれませんが、そうでない子は、通信という名の暗黒の渦に引き込まれていきます。単位が少ないならば中退の諦めがつくかもしれませんが、下手に単位をとってしまうと諦めきれず18で入学したのに卒業が30歳になってしまいます。
 仕事のある方や主婦をされている方は卒業のはやさにこだわる必要はないかと思いますが、専業学生の方は6年以内での卒業を心がけるといいと思います。

カテゴリー: アドバイス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA